東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
執行草舟氏 推薦! ウナムーノが尊敬する作家で、スペイン最初のジャーナリスト 「ラーラ」の伝記、代表的記事や戯曲作品の初邦訳版
ラーラ 愛と死の狭間に
2,970円(税270円)
購入数

ラーラ 愛と死の狭間に
2,970円(税270円)
執行草舟氏 推薦!
ウナムーノが尊敬する作家で、スペイン最初のジャーナリスト
「ラーラ」の伝記、代表的記事や戯曲作品の初邦訳版


マリアーノ・ホセ・デ・ラーラ 著、
フアン・ルイス・アルボルグ 解説、 安倍三訳

4月12日頃入荷予定。
※現在、ご予約受付中。

◆当店大人気!
『人生のロゴス』、『やる気の正体』、『日本の美学』
などの著者、執行草舟氏推薦で初邦訳の名著が発売となります。

『生の悲劇的感情』の著者 ウナムーノも尊敬していたという、
スペインで最初のジャーナリスト「ラーラ」。
知る人ぞ知る「ラーラ」の伝記や代表的記事や戯曲作品を
初邦訳した決定版!
執行草舟氏の著作を愛読している方はもちろん、タテ糸の名著を
実践中の皆さまも、是非お読みください。

<スペイン最初のジャーナリストともいわれる急進的自由主義者
ラーラ(1809–1837)。自国の政治的・文化的後進性を激烈な風刺で
批判するも、政治に挫折し不倫の恋にも敗れ、27歳でピストル自殺した
その生はロマン主義的近代の象徴として、のちのスペイン文学を決定づけた。
代表的記事や戯曲作品を初邦訳し、充実の文学史的解説と訳注を付した
独自編集版。執行草舟氏によるまえがき・推薦付。>
この商品を購入する