東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
2022年3月11日発売の「生きのびるブックス」さん出版の第2弾!
10年目の手記 震災体験を書く、よむ、編みなおす
2,090円(税190円)
購入数

10年目の手記 震災体験を書く、よむ、編みなおす
2,090円(税190円)
2022年3月11日発売の「生きのびるブックス」さん出版の第2弾!

瀬尾 夏美 , 高森 順子 , 佐藤 李青 , 中村 大地 , 13人の手記執筆者著

◆2022年3月の成幸読書選定本『人生相談を哲学する』に続く、
小さな出版社「生きのびるブックス」さんの第2弾!

大切なものを失った人へ、
彼らの傍らにいたいと願う人へーー。

東日本大震災から10年。
言葉にしてこなかった「震災」にまつわるエピソードを教えてくださいーー。
そんな問いかけから「10年目の手記」プロジェクトは始まった。 本書は、
暮らす土地も被災体験も様々な人々の手記をもとに、4人の著者が語りあい、
自身を重ね、語られなかった言葉を想像した日々の記録である。
他者の声に耳をすます実践がここにある。

<目次より>

はじめに

【第一部 よむ 10年目の手記と往復エッセイ】
あなたは、いつ、どこで、どうやって書いたのですか 高森順子 
 ・先生とハムスター ハム太郎 
秘密とわからなさ 瀬尾夏美 
 ・空に聞く H・A
 ・あの日 海仙人 
読み手に猗詭〞を託す 高森順子 
 ・二〇一一年三月十二日から、現在へ はっぱとおつきさま
犹劼匹〞だった彼らが語り出すまで 瀬尾夏美 
 ・この先通行止め コンノユウキ 
過去を辿る 高森順子 
 ・消えた故郷 ほでなす
 ・もとちゃんへ 島津信子 
手向けの花と、手記 瀬尾夏美 
 ・スタート 西條成美/兄の思い出 吉田健太 
ともに生きる 高森順子 
 ・祖母の日記 八木まどか
 ・こぼれていく時間を集めて 柳澤マサ
 ・東北の伴走者 echelon 
物語という火 瀬尾夏美 
 ・海から離れず生きた十年 小野春雄 

10年目の手記 全タイトル

【第二部 編みなおす 10年目をこえにする】
「10年目の手記」をつくる 繰り返し、かたちを変えて、読み返す 佐藤李青 
わたしが話しているような声 中村大地 
10年目をきくラジオ モノノーク
最終回 10年目の手記スペシャル 抄録 
配信記録
「とある窓」の写真について 

おわりに 声が声を呼ぶ 瀬尾夏美
この商品を購入する