東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
今手に入る『憧れの思想』最後の2冊です。このチャンスに気になる方は是非!
【完売!】憧れの思想
2,200円(税200円)
【完売!】憧れの思想
2,200円(税200円)
【お陰様で完売しました!】
貴重な執行草舟氏の名著『憧れの思想』!


当店大人気の執行草舟氏の名著『憧れの思想』ですが、残念ながら、出版社
で品切の状態になっていて、長らく手に入らない状態になっていましたが、
とある場所で奇跡的に見つかり、貴重な100冊
としてご用意させていただきましたが、お陰様で沢山のご注文をいただき、残り2冊と
なりました。

今、入手できる本としては、本当に最後の2冊になります。
増刷の予定もなく、特にまだお読みでない方は、このチャンスに是非!


執行草舟著

当店大人気『生くる』『友よ』『根源へ』の著者執行草舟氏の
名著『憧れの思想』です。
書名の通り、「憧れ」について一貫したテーマがあり、
「垂直」「不合理」「革命」そして、「真の読書」という
執行氏の思想の牾豊瓩書かれているので、執行氏の著作を読まれている方で、
まだお読みでない方は、この機会に是非お読みいただきたい1冊です。

【序文より抜粋】
憧れには、人間の実存のすべてがある。人間とは、憧れのゆえに生き憧れのゆえに
死する存在なのだ。憧れは、燃えさかる悲しみである。
つまり、それは、我々人間が生きるための本源的躍動ということに他ならない。
人間が生き、そして人間が死ぬ。それは憧れのもとに行なわれなければならない。
憧れのない生命は、人間の生命ではない。人間の尊厳とは、この憧れの中に存しているのだ。
私は、本書においてそれを語りたい。自分の生命にある生きた幸福と不幸を語りたいのだ。

【目次】
・第一部「垂直を仰ぐ」
・第二部「不合理を愛する」
・第三部「革命に生きる」
・第四部「書物を食らう」