東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
【先行入荷しました】2021年9月の成幸読書に決定!清水店長大絶賛の1冊
くらしのアナキズム
1,980円(税180円)
購入数

くらしのアナキズム
1,980円(税180円)
【2021年9月の成幸読書に決定!清水店長大絶賛の1冊】

松村圭一郎著

現在、先行入荷中。
※インターネット書店の発売日は、9月29日頃。

当店大人気!
清水店長が、逆のものさし講の勉強会や近しい方々に
おすすめしていた『うしろめたさの人類学』著者、松村圭一郎氏の最新刊で、
お世話になっている出版社「ミシマ社」さんの15周年記念企画の1冊です。

先日、突然こちらの『くらしのアナキズム』の発売前の原稿が、
読書のすすめに届きました。
何気なく、読み始めた清水店長が、あまりの面白さに毎日読み続けて、
すぐに9月の成幸読書にも決定しました!

今も大人気の『無痛文明論』にも繋がる、まさに犧疇匹澆燭
清水店長が、超おすすめの名著です。是非、楽しみにお待ちください。

「国家は何のためにあるのか?
ほんとうに必要なのか?

「国家なき社会」は絶望ではない。
希望と可能性を孕んでいる。
よりよく生きるきっかけとなる、
〈問い〉と〈技法〉を
人類学の視点からさぐる。

本書でとりあげる「人類学者によるアナキズム論」とは…
・国家がなくても無秩序にならない方法をとる
・常識だと思い込んでいることを、本当にそうなのか? と問い直す
・身の回りの問題を自分たちで解決するには何が必要かを考える

アナキズム=無政府主義という捉え方を覆す、画期的論考!

この本で考える「アナキズム」は達成すべき目標ではない。
むしろ、この無力で無能な国家のもとで、どのように自分たちの手で生活を立てなおし、
下から「公共」をつくりなおしていくか。
「くらし」と「アナキズム」を結びつけることは、その知恵を手にするための出発点だ。
(「はじめに」より)

<目次より>
はじめに 国家と出会う
第一章 人類学とアナキズム
第二章 生活者のアナキズム
第三章 「国家なき社会」の政治リーダー
第四章 市場(いちば)のアナキズム
第五章 アナキストの民主主義論
第六章 自立と共生のメソッド――暮らしに政治と経済をとりもどす
おわりに
この商品を購入する