東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
残り40冊で絶版!最後の貴重なチャンスをお見逃しなく!
超一流の猯↓畧功哲学 悪魔との対論
1,980円(税180円)
超一流の猯↓畧功哲学 悪魔との対論
1,980円(税180円)
【残り40冊で絶版】真の5%の人になる本!

和田友良著

【以前、清水店長が『生くる』以来の衝撃を受けた『超一流の成功哲学』シリーズ待望の最新刊!】

※出版社の残り在庫が少なく、残りあと40冊で絶版になってしまうので、
出版社にある40冊分が、全て入荷しました。
ですので、この40冊分が売り切れてしまうと、絶版になってしまい
入手できなくなってしまいます。
気になっている方や、本物のタテ糸の名著をお探しの方は、お見逃しなく!
売り切れゴメンの早い者勝ちです。このチャンスにまだお読みでない方は是非!

◆以前、読書のすすめにて大人気の、真の5%の人になる名著『超一流の成功哲学』、
『新・超一流の成功哲学』に続く、最新刊の書名は・・・、
なんと『超一流の猯↓畧功哲学』!悪魔との対論というテーマという本書。

まさに、「逆のものさし」的な、本物の成功哲学を、是非お楽しみに!

「本書は、1999年東ヨーロッパにおける、大成功の後に虚脱感と失意から
逃れられない男(私)と殺戮の悪魔との対論と帰結が核である。
ゲーテの『ファウスト』のプロローグは、本文にも記したが、旧約聖書の
『ヨブ記』の始まりと同様であり、神と悪魔の共同謀議が提示されている。

ただし、本書において神と悪魔のやり取りは存在しない。
ここでの悪魔の概念は、神の意志を暗黙の諒解として認識し、人類に容赦ない掣肘
(せいちゅう)を加えることを自らの使命としている。
同時に現実の世界の支配者としての側面を持ち併せ、連綿と続く意識の間の集合体
として存在している。
ユダヤの諺にある、「一人の人間は小宇宙であって、宇宙の秩序、美しさ、栄光を
すべて一身に秘めている」を心に刻まねばならない。そして、一人の人間の超宇宙
とは血の一滴に存在する。人類の遺伝子における過去も現在も超越した、
未来的機能(成功を具現化した徹底的な自己鍛錬)として本書を読み解き、
数値化できない意識下の潜在能力に覚醒賜れば幸甚の至りである。」前書きより

<目次より>
○プロローグ「1999年 東ヨーロッパ 失意の時」
○一日目「ダリの兎」・運命は可能性を笑う・成功者の退屈な心象風景 朽ちた冠・成功者の退屈な心象風景 飲めば飲むほど渇く・私は敗北を知りたい・差別化される時間・偽りの楽園他
○二日目「それは終わっていない」・使命とは命を使う・時間革命への道・「シップの法則」・黒く塗れ・『アーロン収容所』・ペレリマンの常識破壊他
○三日目「運命に耐えよ」・降れば土砂降り・魂は磁石の如く・『種の起源』を実践した男・精神論の罠・崩壊の始まり・般若波羅蜜(智慧の完成)・極性の法則・それだけでは存在しない他
○四日目「水槽の脳」・デカルトの悪魔・中枢か?抹消か?・2018年《私(著者)の独白》「偉大なものには闇の力がある」「勝つのは何だ」「ボーリングの水性相理論」「心の行方と仮想世界」「自分自身を出し抜く」他
○五日目「シュレディンガーの猫」・資本主義の崩壊・収支も合意もないこの素晴らしき世界・免疫力を高めよ・ベータエンドロフィンを友とせよ・偉大な精神ほど獣に近い・「予想」と「定理」・重なり合う世界・身体化、精神化される情報と知識・存在を捏造する世界・論理の世界は死んだ世界である他
○六日目「神に目的を借りる悪魔」・外敵を想像せよ・歴史を背負え・超一流の定義・富を買うために美徳を売るな・出口なき世界・どのくらい生きるつもりの生き方なのか
○七日目「スーチンの『鶏』」・燃え尽した炎のように死す・非常事態的な不名誉・古びた運命の写真他
○エピローグ「2018年 東京 残された文書」・宇宙の始まりより予め複製されている・死者の眠る片隅