東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
虹の魔法のものがたり
1,430円(税130円)
購入数

虹の魔法のものがたり
1,430円(税130円)
最後に逆のものさし講で大切にしている牋豸杵性瓩侶詼が!

吉田麻子著

当店でも以前大人気だった、『7色のすごいチカラ』、『実践する色彩学』の著者、吉田麻子さんの最新刊は、初の小説です。早速、本になる前の原稿を読ませていただいた所、仕事を忘れて、心震えてしまいました!しかも、ちゃんと最後には、逆のものさし講で大切にしている牋豸杵性瓩侶詼が待っています。
この物語は、主人公の中学生望月ありかが、個性的であるがゆえにいじめを受けて、自殺を決意してしまうところから始まります。「もう無理・・・。」という時に、虹からのメッセージを聞いて、虹の魔法を手に入れる旅に出るというファンタジー小説なのですが、一つ一つの色の魔法に大切な意味があって、赤が「勇気」、黄色は「自分」、青は「本当の言葉」などなどそれぞれの魔法のテーマの力を手に入れながら進んでいきます。ここで重要なのは、表紙の色合いのように、虹の色は単独で存在しているのではなく、それぞれの色が重なり合って、グラデーションを作っているところなんですね。人それぞれ、赤が強かったり、青が強かったり、黄色が強かったり、それぞれが個性を持っていて、その個性、つまり、「ユニークであること、それが生きるということだ。」という帯の言葉はいい言葉ですね。自分自身との関係を取り戻すこと、そして、人との関係性もより良くする知恵が散りばめられたこ、この物語は、是非皆様にもおすすめです。中学生が主人公なので、お子さんでも読めますし、もちろん大人の方が読んでも、グッとしてしまうこと間違いなし!あ―、こういうシビれる小説には早く皆さんにも出会っていたきたいですね。久々に、世界観に引き込まれて、電車を乗り過ごしてしまった素敵な物語でした♪
この商品を購入する