東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
本物の『孫子』を知りたいなら必読の1冊
孫子新解
3,740円(税340円)
購入数

孫子新解
3,740円(税340円)
【タテ糸の本物名著】岡田武彦全集12巻

岡田武彦著

著者の岡田武彦氏は、世界的にも有名な陽明学の研究者であり、知る人ぞ知る日本の中国哲学者なのです。『言志四録 抄録』や『易経講話』『陽明学のすすめ』でも有名な明徳出版社創業社長の小林日出夫氏に、安岡正篤氏が、「岡田武彦という人物は、本物の人物だから、彼の本を作りなさい。」という指示のもと作られたのがこちらの『岡田武彦全集』です。
しかも、この全集は岡田武彦氏のお弟子さんが無償でもいいと覚悟されて、岡田武彦氏の教えを遺したいという思いから作られた魂のこもった本で、現在24巻まで出版されているものの、まだ全集は完結しておらず、お弟子さんが何度も病になりながらも、今も執筆作業が続けられているというのです。
そんな、真の中国哲学の真髄を知る岡田武彦氏の全集は難しい本が多いのですが、岡田武彦入門書として、12巻の『孫子新解』は、この本単独でも読めて、ビジネス書としても読める本として、岡田武彦を知る上で、爐△┐騰瓧隠牡からお読みいただきたくご紹介させていただく予定が。なんと!出版社から持ってきていただいた1冊で在庫が全くなくなってしまい、増刷を検討中と出版社の方から連絡があったのですが・・・、皆様に沢山のご予約をいただき、出版社の方に増刷していただけることが決定しました!
是非、狄伸瓩痢崑校卻舎 廚龍飽佞鯏舛┐襦▲織道綟表颪遼槓中の本物の名著を、楽しみにお待ちください。
『孫子』はあの有名な斎藤一人さんも1000回読み込んだ本として有名ですが、実はこの『孫子新解』は中国や日本に数多ある『孫子』の解説書でも本当の「孫子の兵法」の原理と精神を深く理解して解説した本はほとんど存在せず、江戸時代の朱子学者、山口春水著の『孫子考』しか存在しないと岡田武彦氏はまえがきで断言されています。
そんな写本として二部しか存在せず、今まで公開されることがなかった「本当の孫子の兵法」が書かれた『孫子考』を解りやすく解説したこの『孫子新解』を、『孫子』や中国古典を学んでいる方はもちろん、タテ糸の読書を実践されている方が知らないのはもったいない!!ということで、著者、そして、お弟子さんの魂がこもった『岡田武彦全集』もお見逃しなく。
「日本人が潜在的に有する高い理想主義的思想文化は真に世界性を持つものであるが、変転極まりない権謀術策が渦巻く現実に対処するための狄爾じ桐瓩鮹里蕕覆韻譴弌△修譴盒転する恐れなしとしない。それ故、この弊害に陥らないようにするには、最も深い権謀術策の原理を述べた『孫子の兵法』の書を読むことが何よりの緊要事である。江戸時代の儒学者が中国の権謀術策の道を説いた書籍類を熟読していたことを今の日本人は銘記しなければなるまい。」全集版まえがきより
この商品を購入する