東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
第13回「読書てらこや」選定本2冊はこちら!
第13回「読書てらこや」選定本2冊セット
4,565円(税415円)
購入数

第13回「読書てらこや」選定本2冊セット
4,565円(税415円)
第13回読書てらこや選定本!

第13回目の「読書てらこや」
9月25日(日) 9:00〜12:00 オンライン(zoom)にて開催
テーマ:「発する」

第13回「読書てらこや」オンラインのお申込先はこちらです。


センジュ出版 吉満明子さんセレクトの1冊
『まとまらない言葉を生きる』

読書のすすめ小川セレクトの1冊
詩集『聲』

の2冊セットです。

◆『まとまらない言葉を生きる』

誰の人生も要約させない。
あなたのも、わたしのも。

偉い人が「責任」逃れをするために、
「敵」を作り上げて憂さを晴らすために、
誰かを「黙らせる」ために言葉が使われるようになったこの世界で、
凝り固まった価値観を解きほぐし、
肺の奥まで呼吸しやすくしてくれるような……
そんな「言葉」との出会いは、まだ可能だろうか?

本書は、マイノリティの自己表現をテーマに研究を続ける文学者が、
いま生きづらさを感じているあなたに、そして自らに向けて綴った、
18のエッセイである。

障害者運動や反差別闘争の歴史の中で培われてきた
「一言にまとまらない魅力をもった言葉たち」と
「発言者たちの人生」をひとつひとつ紹介していくことを通して、
この社会で今、何が壊されつつあるのか、
人間としての尊厳をどのように守っていけるのかを考えていく。

■目次
まえがき 「言葉の壊れ」を悔しがる
第1話 正常に「狂う」こと
第2話 励ますことを諦めない
第3話 「希待」という態度
第4話 「負の感情」の処理費用
第5話 「地域」で生きたいわけじゃない
第6話 「相模原事件」が壊したもの
第7話 「お国の役」に立たなかった人
第8話 責任には「層」がある


◆詩集『聲』

岐阜県恵那市の小さな出版社「あさやけ出版」さんから出版されている、
詩集『聲』。
ご覧の通り、本の作りに思いやこだわりが沢山詰まった1冊です。
本文が始まる前に、一枚手透きの美濃和紙を使用されていて、
紙の本ならではの、手で触れて、五感で感じながら、言葉との
対話ができる詩集になっています。

20年間豚を育てながら、静かに毎日を見つめてきた著者石原 弦氏の
飄々としてしずかで土の匂いがする、生活に根ざした一つ一つの言葉を是非
味わってお楽しみください。
これから詩集を読まれる方にもおすすめです。

判型:丸背上製糸かがり製本    
扉に美濃手漉き和紙を使用
ページ数:168 頁
収録作品:76 篇
この商品を購入する