東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
20冊限定 定価の330円引き! 以前、清水店長も大絶賛の内村鑑三の「信仰」に迫った名著
【20冊限定!】信徒 内村鑑三
1,100円(税100円)
定価 1,430円(税130円)
購入数

【20冊限定!】信徒 内村鑑三
1,100円(税100円)
20冊限定 定価の330円引き!
以前、清水店長も大絶賛の内村鑑三の「信仰」に迫った名著


前田英樹著

※こちらの本は、絶版に近い状態で在庫が少なくなっている、貴重な名著になります。
新刊の本ではありますが、冊数限定の掘り出し物として、通常の書籍の定価より
狷段未豊當蟆舛茲蠅330円お得にご購入いただけます。
※定価は、1,430円(税込)
在庫がなくなり次第、取扱終了になりますので、このチャンスに気になる方は
お早めにご注文ください。

【注意】本の後ろに「自由価格本」というシールが貼ってある場合がありますが、
こちらのシールは出版社に眠っていた掘り出し物の証拠なので、予めご了承ください。
ちなみに、本の状態は多少、表紙に痛みや汚れがあるものもありますが、
中身等は基本的に通常の本とほとんど変わりません。こちらも予めご了承ください。

内村鑑三の苛烈にして真摯な生の軌跡を信への徹底の過程として、同時代人たちとの
交錯もまじえながら、あざやかに描き出し、日本人にとっての信を見つめつつ
「純信仰」を問う渾身の力編。

教義も説教もいらない、ただ「信徒」たらんとした内村鑑三が生涯を賭けてつきつめた
「信仰」とは何だったのか。

<目次より>
第1章 日本の天職を知る/第2章 信仰は信仰である/第3章 汝力なきものとして
/第4章 失うものと得るものと/第5章 接ぎ木の摂理/第6章 義戦論から絶対
非戦論へ/第7章 信徒が祖国のために為すべきこと/第8章 無教会主義を棄てず/
第9章 視よすべての事新しく成れり/第10章 キリスト再臨の地、日本
この商品を購入する