東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
9冊限定!執行草舟氏の働きかけで復刊された、本物名著
【9冊限定!祝復刊】メリトクラシー
2,500円(税227円)
【9冊限定!祝復刊】メリトクラシー
2,500円(税227円)
9冊限定!執行草舟氏の働きかけで復刊された、本物名著!

マイケル・ヤング著、窪田鎮夫&山元卯一郎訳

当店大人気!
最新刊『超葉隠論』、『成功に価値は無い!』他、『生くる』、『根源へ』
などの著者、執行草舟氏が著書の中でも紹介されていた、おすすめ本
『メリトクラシー』が、長い絶版の状態から、執行氏の働きかけで
奇跡の復刊です。
このチャンスに、執行氏の本を愛読されている方は、是非お読みください。

<目次より>
第1部 エリートの興隆
(社会諸勢力の衝突/総合中等学校の脅威/現代教育のはじまり/年功よりメリットへ)
第2部 下層階級の衰微
(労働者の地位/労働運動の衰退/金持ちと貧乏人/危機)

※こちらの『メリトクラシー』は、現在9冊店頭に在庫がありますが、9冊が
売り切れてしまうと、こちらの仕入れの事情で、次回の入荷日が未定になります。
こちらの事情で申し訳ございませんが、ご希望の方はお早めにご注文ください。

「メリトクラシー=能力主義」という言葉の由来となった本書は、半世紀以上も前に、
早くも2034年という年を見据えて社会再生の可能性を示してくれた、科学的啓蒙書
にして強烈な風刺文学。原書は1958年にイギリスで出版され、’82年に日本語版も
刊行された本物名著の復刊版!

「ひとりの人間の「人生観」に、革命をもたらす書物がこの世にはある。数少ないが、
現実にそれはあるのだ。我々は、その出会いのために、不断の読書を続けていると
言ってもいい。私にとって、本書はその数少ない書物のひとつである。」

「私の現代に対する「問い」と「疑問」は、その頂点に達しようとしていた。そのような
時に出会った書物が本書なのだ。私は、本書の中に、私が長年抱き続けてきた疑問の解決
する糸口を見出した。それは、苦悩する人間にとっては「天啓」とも言えるほどの衝撃で
あった。本書は私の中に構築された自己の「文明論」にとって、まさに革命的な思想との
出会いと言ってもいいだろう。本書によって、私は平等と機会均等そして能力主義の本質
を自分なりに掴み取ることが出来た。
現代を覆う能力主義、そして平等と機会均等を成功に導く考え方を私は捉えることが
出来た。そしてその失敗を招く原因を確信することもまた出来ていたのである。それは
著者マイケル・ヤングのもつ科学的能力と、それと同等に発達した詩的文学能力の相乗
効果によるものと考えられる。著者の社会学者としての科学性は実に驚嘆に値する。
この科学性を、あのオルダス・ハスクリー張りの文学性が支えているのだ。事実の調査
を詩の魂が支え、それが未来を見詰めている。それゆえに、本書は類い希な「予言の書」
として我々の前に指示されることとなった。
私にとって、本書は現代を読み解く「聖書」ともなった本である。私は読み進める貢
の多くに宝石の煌きを感じ、また現代社会の行く末の厳粛を見出している。現代人が本書
の条件と予測を信ずるならば、いまの文明には希望が見出されるだろう。現代のもつ美醜
それぞれの価値が、本書ほど展開されている社会学の書物は少ないと気づくに違いない。
私は本書によって自己の文明論を確立することが出来た。そのための多くの示唆と導きが
本書には鏤められていたのだ。」

「未来に平等社会と能力社会が成功するか失敗するかの処方箋が本書には満載されている
のだ。本書の原著は一九五八年に英国のペンギン・ブックスによって成された。それを
一九八二年に蟷蠕親欧脇本において翻訳出版した。その後、長らく本書は絶版となって
いた。これほどの本が埋もれていたのだ。」

「本書は確かに古い。(中略)まだ第二次大戦後の戦後民主主義の出発の時代の書物である。
だからこそ、著者はその将来に本質的な夢を感じ、またその本質的悪徳に気づいていたに
違いない。民主主義の『初心』が本書を生み出したと言っても過言ではない。いま我々は
初心に戻らなければならない。
そうしなければ現代人は、もう未来を創る能力を失うだろう。」

執行草舟「解説―復刊に寄せて」より