東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
『魂の燃焼へ』で執行草舟氏大絶賛の『沈黙の世界』が、 品切の状態から復活!
【復活!】沈黙の世界 新装版
4,180円(税380円)
購入数

【復活!】沈黙の世界 新装版
4,180円(税380円)
『魂の燃焼へ』で執行草舟氏大絶賛の『沈黙の世界』が、
品切の状態から復活!


マックス・ピカート著、佐野利勝訳

今も大人気の執行草舟氏×清水店長の対談本『魂の燃焼へ』(2015年刊)にて、
刊行当時に、「最近一番感動した本」として、執行氏にご紹介いただいた
マックス・ピカート著『沈黙の世界』は、長らく出版社で品切になっていて
手に入らない本になっていましたが、この度今年2021年に新装版となって
復活しました!

2冊同時発売の執行氏の最新刊『超葉隠論』&『成功に価値は無い!』と
共に、まだお読みでない方は、この復活のタイミングに是非!

「マックス・ピカートという哲学者が『沈黙の世界』という本を書いているん
だけど、これがまたすごい。最近、いちばん感動した本ですよ。その中に、
言葉の価値というのは、その中にどれだけ歴史や時間が込められているかで
決まる
と書いてある。そして、人が喋る言葉には、どれだけの「沈黙」がその
裏にあるのかが重要だと言っている。沈黙がなければ、言葉というのはただの
「音声」だから、どんどん軽いものになってしまう。意味はわかっても、魂には
入ってこない。深い沈黙から生まれた言葉以外は、他者の心には届かないという
ことですよ。」『魂の燃焼へ』より

「沈黙は言葉の放棄と同一のものではない。沈黙は決して、言葉が消失したあとに
取り残されたような、見すぼらしいものではない。沈黙は或る種の全きもの、
自己自身によって存立する或るものなのである。沈黙は言葉とおなじく産出力を有し、
言葉とおなじく人間を形成する。ただ、その程度が違うだけである。沈黙は人間の
根本構造をなすものの一つなのだ。(……)
読者はこの本によって、言葉を軽視するような誤った結果にたち到ってはならない。
人間が人間として存在し得るのは、言葉によるのであって、沈黙によるのでは
ないのである。」

「もしも言葉に沈黙の背景がなければ、言葉は深さを失ってしまうであろう」
『われわれ自身のなかのヒトラー』著者による比類なき書。
エマニュエル・レヴィナス「マックス・ピカートと顔」を付す。

<目次より>
沈黙の相(すがた)
始原の現象としての沈黙
沈黙からの言葉の発生
沈黙と、言葉と、真理
言葉における沈黙
沈黙と言葉との中間にある人間
沈黙におけるデモーニッシュなるものと言葉
言葉と身振り
古代の言葉
「自己」と沈黙
認識と沈黙
事物と沈黙
歴史と沈黙
形象と沈黙
愛と沈黙
人間の顔と沈黙
動物と沈黙
時間と沈黙
幼児と、老人と、そして沈黙
農夫と沈黙
沈黙における人間と事物
自然と沈黙
詩と沈黙
詩と沈黙——例
美術と沈黙
騒音の言葉
ラジオ
沈黙の残部
病と死と沈黙
沈黙なき世界
希望
沈黙と信仰
この商品を購入する