東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
当店大人気!内山興正老師のお弟子さんで、 キリスト教信者に向けての講義をもとにした、分かりやすい「般若心経」の講義録
今を生きるための般若心経の話
1,760円(税160円)
購入数

今を生きるための般若心経の話
1,760円(税160円)
当店大人気!内山興正老師のお弟子さんで、
キリスト教信者に向けての講義をもとにした、分かりやすい「般若心経」の講義録!


奥村正博著

◆こちらも、今、清水店長大絶賛!
内山興正老師のお弟子さんで、キリスト教信者に向けての講義をもとにした、
「般若心経」の講義録は、とても分かりやすいタテ糸の名著本です。

師・内山興正老師の誓願を継ぎ、アメリカにおいて布教に尽くし、
仏典の翻訳、解説など数多くの英語の著作をもつ奥村正博老師、日本での初めての著書
『今を生きるための般若心経の話』。

◎キリスト教信者に向けての講義をもとにした「般若心経の話」は、仏教用語をなるべく
使わずに、ていねいにやさしく解説。般若心経の伝えるエッセンスは何か、
私たちの人生にどのようにいかしていけばよいのか、まっすぐな言葉で届ける。

◎半生記「只管打坐の道」は、安泰寺での修行、内山老師の思い出、アメリカでの布教、
仏典の翻訳など、禅ひとすじの歩みを語る。

◎藤田一照(オンライン禅コミュニティ磨塼寺住職)による序文
「私の知る奥村正博さんのこと」は、古くから親交のある奥村老師の人柄、
生き方をぬくもりのある筆致で紹介している。

本書より

「菩薩」は、道を求める人です。成道して仏さんになられる前のお釈迦さんを
仏伝文学で「菩薩」と呼んでいました。サンスクリット語では「ボーディサットバ」です。
ボーディは「菩提」です。「目覚め」ということです。サットバは意味で訳すと「有情」、
心や感情をもった存在、要するに人間のことです。だから菩提薩埵、ちぢめて菩薩というのは
「目覚めた人」という意味です。

「目を覚ました人」というと、誰だってみな目を覚まして生きているだろうと思われる
でしょうけど、仏教では普通の人間は目が覚めていない、夢や幻のなかで生きている
というのです。人生というのは夢のようなものです。
その夢のような人生が、夢のようなものだとわかることが、目が覚めるということなのです。
われわれみな、現実、現実といって、われわれが考えている現実が確固として存在するような
つもりで生きているわけですが、現実というのはわれわれが思っているほど確固不動のもの
ではないとわかることが、夢から覚めるということなんです。

目が覚めただけでは駄目なので、その目を覚ましたところで誓願をもって生きていくわけです。
夢幻のような現実をどうやって生きていくか、その生き方を求めて聞法修行していくのが菩薩
です。夢幻のようなものであっても、しかし、それがわれわれにとっては、唯一の現実なの
ですから、どうでもいいと無責任に生きていくことはできません。

「菩提」というサンスクリット語は、中国語では「道」と意訳されます。「菩提心(目覚めた心)」の訳語が「道心」です。「求道心」ともいわれます。道を求める心が、目覚めた心です。
菩薩は、ですから、道を求める人です。人間が現実、現実といっているものの虚しさに
目を覚まして本当の生き方を求める人、という意味です。
この商品を購入する