東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
【2冊セットでご注文の方に爐里澂畧郷綸皇垢硫鮴眛芦萇奸】今、清水店長が一番おすすめの名著セット
清水店長おすすめ!人生の流れに身を任せる「サレンダー」2冊セット
3,960円(税360円)
清水店長おすすめ!人生の流れに身を任せる「サレンダー」2冊セット
3,960円(税360円)
【2冊セットでご注文の方に爐里澂畧郷綸皇垢硫鮴眛芦萇奸】
今、清水店長が一番おすすめの名著セット




◆当店大人気!
「非二元」3冊セット以来の、「これは!」というおすすめ名著
2冊セットが見つかりました。今、清水店長が「逆のものさし講」や、
近しい方々に熱くおすすめしている、タテ糸の本物名著『サレンダー』
と『いま、目覚めゆくあなたへ』の2冊セットです。

読書のすすめで大切にしている「非二元」というキーワードを、体験記を
通して、より深く理会するために、今お読みいただきたい2冊セットです。

是非、心ある方は、こちらの2冊を、
 悒汽譽鵐澄次戡◆悗い沺¬楹个瓩罎あなたへ』の順にお読みください!

【清水店長の解説動画プレゼントのご案内】

非二元の体験記『サレンダー』と、体験を通した考え方を解説した
『いま、目覚めゆくあなたへ』の2冊セットでご注文いただいた方に爐里澂
後日、この2冊を清水店長が解説した解説動画をプレゼントさせていただきますので、
ご興味ある方は、是非セットでお読みください。

※解説動画は、後日メールにて限定公開のYouTube動画のurlをお知らせします。

◎『サレンダー』

◆世俗的なことと、
スピリチュアルなことを
分ける考えが消えた。
流れに任せると、
人生はひとりでに花開いた。

自分の自己実現の道は、瞑想以外にないと
私は信じ切っていた。
だが、それは間違っていた。
人生は、他人への奉仕を通して、自分自身を
解き放つ方法を指南していた。

<目次より>

(イントロ)人生の流れに身を任せる

(第1部)目覚め
1章 叫びではなく、囁きと共に
2章 自分を知る
3章 禅の柱
4章 絶対的な静寂
5章 天国と地獄
6章 人生からの贈り物
7章 怯える人間
8章 予期せぬインスピレーション
9章 約束の地
10章 聖なる小屋
11章 汝僧院へ行け
12章 弟子に準備ができたとき、師が現われる

(第2部) 偉大な実験が始まる
13章サレンダーイクスペリメント
14章 人生に身を委ねる
15章 王子と乞食
16章 見えないものに従い、未知の世界へ
17章 初めての面接
18章 手綱を手放す
19章 教師になる
20章 刑務所訪問

(第3部)孤独から奉仕へ
21章 生きているマスターからの呼びかけ
22章 シャクティパット
23章 ゲインズビルに師を迎える
24章 寺院建立
25章 ハート・チャクラが開く
26章 再婚

(第4部) 宇宙の流れに委ねるビジネス
27章 ウィズラブ建設の船出
28章 正式な建設業者に
29章 コミュニティ・バンキング
30章 拡大する宇宙寺院
31章 クリエイチャーの変容

(第5部)お金では得られないもの
32章 パーソナル・セルフからパーソナル・コンピュータへ
33章 「メディカル・マネジャー」の誕生
34章 初期のプログラマー
35章 売り出す準備

(第6部)自然な成長の力
36章 ビジネス成功の基礎
37章 止まらない業界からの打診
38章 成長しつづける寺院

(第7部)暗黒の雲が虹になるとき
39章 頻発するシンクロニシティ
40章 新しいオフィスビルの建設
41章 未来への基礎づくり
42章 大いなる暗闇の時期

(第8部)爆発的な拡大
43章 「メディカル・マネジャー・コーポレーション」の誕生
44章 カルマ・ヨガ
45章 合併
46章 ワシントンに赴く

(第9部)トータル・サレンダー
47章 ガサ入れ
48章 主席弁護士との出会い
49章 合衆国vs.マイケル・A・シンガー
50章 『いま、目覚めゆくあなたへ』の出版
51章 憲法と権利章典
52章 神の介入
53章 振りだしに戻る

◎『いま、目覚めゆくあなたへ』

◆心のガラクタを捨てていくー。人生、すっきり楽になる。
自らのアセンションへ。目覚めゆくあなたへの、
スピリチュアル・ガイドブック

<目次より>
パート1 目覚める
1章 わたしは誰か?
2章 目覚める

パート2 エネルギーを感じる
3章 あなたの中には無限のエネルギーが眠っている
4章 エネルギーの中枢――ハートの秘密

パート3 自分を解放する
5章 ハートに刺さった棘を抜く
6章 自分を解放する
7章 いましめを解かれた魂

パート4 人生を楽しむ
8章 無条件の幸せの道
9章 非抵抗の道
10章 死について考える
11章 タオに生きる
12章 神の愛する目