東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
隣に寄り添ってくれるような、優しいまなざしで 応援してくれる温かい詩集です。
消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ
1,760円(税160円)
購入数

消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ
1,760円(税160円)
隣でそっと寄り添ってくれるような牴垢い畛軆犬任后


「小さな光が生まれて 私は私を見つけた
消えそうに燃えている 小さな光
この光がある限り 私は私を見失わない」

決して消えることのない「小さな光」をテーマにした
やさしいイラストの詩集です。

先行きが見えない不安な時、この詩集は「小さな希望」
になるはずです。

「光が消えた後には 光が消えた後にだけ見えてくる光がある」

そっと、隣に寄り添ってくれるような、優しいまなざしで
応援してくれるような、そんな温かい詩集です。
プレゼントにもおすすめですよ!

安達茉莉子著

◆「小さな光が生まれて私は私を見つけた」

光が生まれ、消えていく。

消えそうな光が消えてしまった後の暗闇の中で見えてきた、
すべてのあかるいものたちへ。

「光」をテーマにした、安達茉莉子の新作イラスト詩集
『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』。

この光がある限り 私は私を見失わない―。

2017年の谷中ひるねこBOOKSでの同名の展示をベースに、世界観を
新たに描き下ろした、イラストと言葉から構成されるオールカラー詩集。

全32ページ
ソフトカバーオールカラー
この商品を購入する