東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
今、読書のすすめで話題の「次元」を 物語で読める、清水店長大絶賛の古典的名著!
フラットランド たくさんの次元のものがたり
1,650円(税150円)
購入数

フラットランド たくさんの次元のものがたり
1,650円(税150円)
今、読書のすすめで話題の「次元」を
物語で読める、清水店長大絶賛の古典的名著!


◎今、清水店長大絶賛!
なんと児童書で、古典的名著のこちらの『フラットランド』は、あの
「インターステラー」や「テネット」のクリストファーノーラン監督も
参考にしていた本という噂を見て、仕入れたのですが、次元について
物語で、とても分かりやすく教えてくれる、本物名著でした!

逆のものさし講などで、清水店長が近しい方々におすすめしている上に、
5月の成幸読書『非ずのこころ』の読み合わせにおすすめの1冊にもなっています。
今、注目の1冊を皆様も是非!

◆2次元=平面世界(フラットランド)の住人に、3次元=空間世界(スペースランド)は
どう映るのか? 
4次元以上の世界は、どう想像できるのか?「次元」の本質をとらえた古典的名著、
待望の新訳!アイドゥン・ブユクタシによる3次元の外へ誘う写真シリーズ
《フラットランド》 特別収録

<目次より>
FLATLAND BY EDWIN ABBOTT
フラットランドーーたくさんの次元のものがたり
第一部 この世界
1.フラットランドはどんなところ
2.フラットランドの気候と住まい
3.フラットランドの住人たち
4.女性について
5.お互いを認識する方法
6.視覚による認識について
7.不規則な図形について
8.古代の色彩習慣について
9.世界色彩法案についての話
10.色彩暴動の鎮圧について
11.聖職者について
12.聖職者の教義について
第二部 ほかの世界
13.ラインランドの幻想をみたこと
14.フラットランドの性質を説明しようとしてダメだったこと
15. スペースランドからの来訪者
16.来訪者がスペースランドの神秘を言葉で説明しようとしてダメだったこと
17.言葉での説明が無駄に終わり、球が行動で示したこと
18.どうやってスペースランドに行き、そこで何を見たか
19.球がスペースランドのほかの神秘を明かしてくれたが、
わたしがそれ以上を望んだこと、その顛末
20.球が幻のなかでわたしを励ましたこと
21.孫にスペースランドの理論を教えようとしたこと、その成果
22.ほかの方法でスペースランドの理論を広めようとしたこと、その結末
FLATLAND BY AYDIN BUYUKTAS                     
シリーズ フラットランド
《フラットランド》と『フラットランド』
この商品を購入する