東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
冊数限定550円引き!一休が説いた般若心経の名著
一休さんの般若心経提唱
1,980円(税180円)
一休さんの般若心経提唱
1,980円(税180円)
冊数限定550円引き!一休が説いた般若心経の名著

牛込覚心著

※こちらの本は、絶版に近い状態で在庫が少なくなっている、貴重な名著になります。
新刊の本ではありますが、冊数限定の掘り出し物として、通常の書籍の定価より
狷段未豊當蟆舛茲蠅550円お得にご購入いただけます。
※定価は、2,530円(税込)
在庫がなくなり次第、取扱終了になりますので、このチャンスに気になる方は
お早めにご注文ください。

【注意】本の後ろに「自由価格本」というシールが貼ってある場合がありますが、
こちらのシールは出版社に眠っていた掘り出し物の証拠なので、予めご了承ください。
ちなみに、本の状態は多少、表紙に痛みや汚れがあるものもありますが、
中身等は基本的に通常の本とほとんど変わりません。こちらも予めご了承ください。

◆一休さんは「文字般若」に対し「こころ般若」を説く。
「文字般若」にとらわれない「こころ般若」の大事さを77節に分けて提唱!

「この世の中のことは、すべて因と縁で生じるんだよ。」
「それじゃ、オレが伊豆の願行寺にきて、和尚の話を聞くのも、因縁があったってこと」
「そうだよ」
「でも、因縁なんて、まるでヤクザのことばみたいだね。」
「因と縁だよ。因は原因、縁は条件と言ってもいいな。」
というように、仏教の教えの根本には、すべての現象には因と縁によって起きる、すなわち
すべては縁起によって生じるという教えがあります。
さて、本書出版の因と縁は一休さんの「道歌」です。一休さんは八八年の生涯を通して、
たくさんの「道歌」を詠んでいます。―中略―
「一休道歌」と必死に格闘するうちに、一休さんの『般若心経提唱』に出会いました。
黙読し、次に音読し、脳天を割られるほどの衝撃を受けました。それは、
一、 実に読みやすく、やさしい。
二、 耳で聞いてわかりやすく、見事な読誦教典になっている。
三、 「こころはんにゃ(心般若)」を説き、新鮮な内容である。
四、 寸鉄人を刺す毒舌の響きがよい
五、 まぎれもなく、現代の僧侶や一般人への警世の書だ。
というものです。」はじめにより

一休さんの般若心経提唱―原文
(摩訶般若波羅蜜多心経/観自在菩薩。/行深般若波羅蜜多時。/照見五蘊皆空他)
一休さんの般若心経提唱-随想・解説
経題の提唱
宇宙の法則
いろいろな意味を持つ「大」の一字
白隠禅師の「衆生本来仏なり」
一休、白隠、道元三禅師の説くところは同じ
自分で心に遮眼帯をかける
大欲は無欲、無欲は大欲に似たり
般若も天竺のことば
知ったかぶりの知恵―聞恵
思恵と修恵と仏の智慧
人をみて法を説く
大智と小智
二つの涅槃
極楽とは
自分の心以外に極楽なし
三業と三毒
人間の四大本能が壁となる
煩悩を断つとは整理整頓のこと
体験の世界
禅の奥義
こころ般若他