東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
夢を駆けぬけた飛龍 ★山田方谷★
880円(税80円)
購入数

4896198430
夢を駆けぬけた飛龍 ★山田方谷★
880円(税80円)
野島透著
◆「いつまでのあると思うな 親と金」
「親孝行 したいときには親はなし」

父母のお墓参りに行くと、お寺の入り口にこの言葉が
書かれた石碑が迎えてくれています。

毎回しみじみと「そうだよなー」と感心ばかりしています。

「孝行」といえば儒教ですが、
今の子どもたちは学校で教わっているのか気になって、
知り合いの中高一貫校の国語の先生に聞いてみました。
「学校で親孝行とか教えてるの?」

「いや、そういうのは教えちゃいけないことになっているんです」

「え?!じゃあ子供たちは孝行という言葉を知らずにいるの?」

「そうですけど、それより現場はもっと大変なんです。孝行どころか、
親からDVを受けている子どもが増えていて、
そっちが今大きな問題になっているんですよ」。

この状況に唖然としました。
もう孝行という言葉自体が死語になってしまっているのかもしれません。

私にとって「孝行」と言えば、山田方谷が井の一番に思い出されます。
方谷の一生は孝行一筋。この本は、小説として書かれていますので、
とても楽しく、中学生からでも読めるでしょう。学校で教えない、
その親も当てにならない。ならば、
この本を全国の子どもたちに読んでもらうしかありませんね。
この商品を購入する