東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
多樂スパイラル
1,760円(税160円)
購入数

多樂スパイラル
1,760円(税160円)
毎日を楽しく生きるための53のエッセイ

高久多美男著

今、清水店長がブログで大絶賛!の最新刊『葉っぱは見えるが根っこは見えない』の著者で、以前、喜多川泰さんおすすめ本『扉を開けろ』の著者さんでもある、高久多美男さん著の知る人ぞ知る1冊!「多楽と書いて、「楽しいことを多く」と解く。」この一文からこの本は始まります。

「自分が楽しいと思えることを優先して、やるべきことを組み立てる。すると、自分が歓ぶ。自分が歓ぶと周りの人も楽しくなる。そして、ますます毎日が楽しくなり、「多楽スパイラル」にはまっている。」「今がベストで、これからのことには未知の楽しみがある。これが、私の考える「多楽」の本質である。」という、著者の高久さんが実践してきた、芸術、スポーツ、旅、読書などの多楽の経験談が書いてあるのですが、ちょっとクセのある文章です。大事なことは、犲分が甞擇靴い隼廚┐襪海箸陵ダ茵みんなが言う楽しさとか、流行りの楽しさとかではなくて、たとえ人が「え?」って思うことでも、誰が何て言っても、自分が心から楽しいと思うことに没頭して自分を磨く見方、考え方が学べるエッセイです。著者さんが楽しいと思う多楽の知恵が入っているので、文章のクセもスパイスになります。著者、高久さんのご友人の矜持。
そして、人間力。そして、◎「多楽の愉しみは苦しいことも含まれている」◎「これからの社会に求められる人は、「長い時間軸を持っている人」など、エッセイの中に猖楴租な言葉瓩盪兇蠅个瓩蕕譴討い董△泙燭修舛蕕眄非お楽しみに!<目次より>・そもそも「多楽」って何?・芸術の多楽・スポーツの多楽・旅する多楽・人、動物との多楽・主張する多楽・つれづれなる多楽・三十歳の頃の多楽
この商品を購入する