東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
「女と男は、どちらも同じ人間だと考えられているが、整体指導を行なう立場から言えば、それとは違った見方が必要になる」
女である時期
2,200円(税200円)
購入数

女である時期
2,200円(税200円)
幻の野口晴哉氏の名著

野口晴哉著
※一般書店に売っていない超貴重な野口晴哉氏の幻の名著。

「今、この時期に読んでよかった!」と清水店長が大絶賛の『風邪の効用』や、『整体入門』などで有名な野口晴哉の貴重な名著『女である時期』がこちら.
「女と男は、どちらも同じ人間だと考えられているが、整体指導を行なう立場から言えば、それとは違った見方が必要になる」と説く著者が、特に「妊娠分娩のできる時期」と女を限るのは、この時期には男とは全く違う動きをするからである。本書では女であることはどういうことなのか、女として溌溂と生きるにはどうあるべきかが、整体指導の実際に即して説かれている。」
この商品を購入する