東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
ノウハウや法則を超えた、これからの時代に必要なヒントが散りばめられている名著!
商人五吉池を見る
4,180円(税380円)
購入数

商人五吉池を見る
4,180円(税380円)
思わず一気読みの商人の生き様を描いた小説です!

庵原高子著

お久しぶりの商人の生き様を描いた長編小説がこちらの『商人五吉池を見る』です。この書名には、大事な著者の思いが込められているのですが、以下にもあるように、激動の大正、昭和という時代を狎犬抜いた畆膺邑の五吉とその家族達の生き様が、著者の娘さんの言葉によって鮮明に書かれています。特に、大きな成功の法則が書いてあるわけでもありませんが、世の中を生き抜くカッコいい生き様の猖楴銑瓩、これでもかと感じられる物語です。実際に、五吉は、戦争や震災を生き抜いたからこその、最後に遺そうとしたものがあります。それは、読んでからのお楽しみですが、ノウハウや法則を超えた、これからの時代に必要なヒントが散りばめられていると一気読みして感じました。箱入りの4千円くらいする本ですが、心ある方は是非お読みください。

「若き日に日露戦争に出征して命からがら生還した五吉は、東京麹町に羅紗問屋を開く。そして関東大震災と太平洋戦争を生き抜き、戦後の繁栄を築く――自らの父親をモデルにひとりの商人の生涯を描いた著者渾身の長編大河小説。」

<目次より> 序 章 日露戦争第一章 美ナラズト雖モ醜ナラズ第二章 関東大震災発生第三章 ミシン命第四章 その年末 妻の手術第五章 普通選拳運動第六章 竈の下の灰までも第七章 新しい家、昭和の時代第八章 投票所、教会第九章 シェレル神父第十章 虫が這うように第十一章 さらに大きな虫第十二章 五・一五事件第十三章 二・二六事件第十四章 切支丹屋敷跡第十五章 国民服令第十六章 商人五吉 水のない池を見る第十七章 大東亞戰爭第十八章 銃後の家族たち第十九章 村立国民学校第二十章 敗戰第二十一章 戦後その一第二十二章 戦後その二第二十三章 市川市の家第二十四章 漢詩を詠む終 章 鎌倉カーニバル
この商品を購入する