東京都江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋です!
カート
ユーザー
書籍を探す
ブログ
コンテンツ
「読まずに積んでよい。むしろそれこそが読書だ。人生観を逆転させる究極の読書術!」
積読こそが完全な読書術である
1,870円(税170円)
購入数

積読こそが完全な読書術である
1,870円(税170円)
2020年8月の成幸読書!

永田希著

「読まずに積んでよい。むしろそれこそが読書だ。人生観を逆転させる究極の読書術!」 速読?そういった類のモノが世に氾濫している。なんでそんなに早く本を読みたいのか?その気持ちもわからないわけではない。しかし、速読できちゃう本に、そんなに大事な価値があるとは思えない。幸福になるため自由を得る為、真理に出会うため、古今東西みんなが読書にそれを求めて来た。
そんな歴史上の人たちが、速読できるような理解の簡単な書物を求めただろうか?そう問う時、答えは明らかに”否”である。そういう事実に思い当たる時、速読=茶番といっていいだろう。
積読の効果は、この本読んで、そして自分の経験と照らし合わせてみても、その効果は計り知れないことだということを学ぶことでしょう。 「本文」から一部ご紹介しましょう。
『読めないことにうしろめたさを覚える必要などない。 まずはこの本を読んで、堂々と本を積もう。 気鋭の書評家が放つ、逆説的読書論! 情報が濁流のように溢れかえり、消化することが困難な現代において、 充実した読書生活を送るための方法論として本書では「積読」を提案する。 バイヤールやアドラーをはじめとする読書論を足掛かりに、 「ファスト思考の時代」に対抗する知的技術としての「積読」へと導く。 たしかに本は、人に「いま」読むことを求めてきます。 でも、それと同時に、書物は「保存され保管される」ものとして作られたものだったことを思い出してください。 情報が溢れかえり、あらゆるものが積まれていく時代に生きているからこそ、 書物を積むことのうしろめたさに耐えて、あなたは読書の前にまず積読をするべきなのです。』
この商品を購入する